忍者ブログ
連載中小説
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


沙耶花さやかの復讐



 ラブホをチェックアウトした秀雄は、孝太郎のマンションにでも行こう。と思った。
 事ム所に帰って、小松さんと将棋を指すのも、党首とチェスの続きをやるのも、なんだかもったいない陽気なのだ。
 日本晴れであった。
 空気が澄み渡っている。

 そんな訳で秀雄は、タクシーは使わずに地下鉄で移動した。
 最寄の駅から孝太郎のマンションまでは、散歩コースに最適なのだ。

 途中、バザールの立て看板に誘われて、秀雄は会場に入って行った。
 そこは、お寺の境内であった。
 昔風に言うなら「青空マーケット」をやっていた。

「ほお。真言宗派、狸弁寺りべんじって言うんだ。ウチ(朝倉家)の宗派だ。あ? ウチは曹洞宗だっけ? まあ、何でもいい。……門構えも立派。そだ。お寺の娘とか神社の娘は、まだ襲った事(強姦)ないなあ。あんがい綺麗な娘、いたりしてな」

 


 実はこのバザール会場は、あのストリッパー沙耶花さやかの、カレシであるミツルと、その仲間達が運営していた。(雨のち強姦 第3話 参照)
 例の、「レジャー産業のプロデュース業者」達だ。昔風に言ったら香具師やしである。

 サヤカは、一週間後にはパリに出立予定であった。
 ミツルも連れて行く事にした。
 滞在は、とりあえず3ヶ月と決めた。
 小松さんから頂戴した2LDKマンションは、上手く売却できる運びとなり、ヨーロッパで振り込み金を受け取る事になる。

「まるで、セレブじゃん!」
 とミツルもはしゃいでいる。
 そんなミツルは、荷物をガレージセールで処分しようとしていたサヤカに言った。

「おっし! ちょうどいい。今度の、狸弁寺りべんじでのバザールで、売っぱらっちまおう。あすこは若い連中が押しかけてくるんだ。このヌイグルミ、全部新品だもんなあ。こりゃ言い値で売れるよ」

 早朝、トラックで荷物を運び出し、境内に設置したテントに降ろした。
 仮設店舗の縄張りは前の晩に済ましていた。



「1番いい場所で、しかも屋根パラソル付きだ。『喫茶店』のテーブルとコーヒーメーカーだって、欲しい人がいたら、売っぱらっちゃってもイーかんな。値札は裏に貼ってある。ただしその場合は、営業終わってから持ってってもらえ」

 沙耶花が笑って答えた。
「沙耶花様のサヨナラバザールなのよ! 『喫茶店』の売り上げだけでも、オイルチャージ分くらい、稼いでみせるわ!」

「イヨッシャー! 来週はもう、パリの空の下だもんな! うっはあ! リキ、入るよな! じゃ!」
 こう言い残してミツルは、空トラックで、別のイベント会場へ向かった。
 ミツルの仲間の一人である、ボーとした感じの三十路のマアくんが、この会場の「仕切り人」として残された。
 テキヤ出身のマアくんは、デカイ図体と強面コワモテだけが取りえの男だ。



 秀雄は会場中央に設置された『喫茶店』の椅子に座ってメニューを見ている。
 やたら色気のある女が注文を取りに来て、自家製の特大コーヒーゼリーを勧めた。
 秀雄はそれを注文した。

 この女、麗美れいみは、沙耶花の友達で、やはりストリッパーであった。
 3人手伝いに来ている後輩ストリッパーの一人なのだ。

「沙耶花姉さん。本日の〝おはつ〟よ。コーヒーゼリー注文してくれたわ」
 と麗美れいみが言った。

「ヤッター!」
 と女達が叫ぶ。



 皆、簡素なジーンズにエプロン姿であり、あでやかなストリッパー稼業にゃ見えない。
 沙耶花だってバンダナを巻き、化粧もいつもとは、まるで違っている。
 シンプル顔、変幻自在の「仮面の沙耶花」の、もう一つの顔だ。

「あれ? あのヒト? あ! ・・・・あのヤロー!」
 当然、沙耶花は、秀雄に気付いた。
 そりゃそうだ。
 つい、この間、「クソ舐め」という強烈な「お仕置き」を受けたのだ。

「ハリガネ鞭」を食らった「みみず腫れ」だって、ヒリヒリは通り過ぎたが、激しい屈辱感とともに、まだジワッと痛む。

麗美れいみちゃん、ちょっと待って! あたしが持ってくわ」
 と沙耶花が言った。
 そして、大きなコーヒーゼリーの入ったガラスの器を見つめ、ニンマリと笑った。

 沙耶花はバッグの中から、強力な下剤を取り出すと、その薬液をコーヒーゼリーにたっぷりとかけて、更にガムシロップをぶちかけてやった。

 沙耶花は美容の為に、ときたま簡易断食かんいだんじき(一日断食とか、二日断食)をやるのだが、宿便しゅくべんを取る為の早道として、この水薬の下剤を使っていた。
 簡易断食程度では、宿便までは取れない。その点、この下剤を併用した断食は、効果も早く、沙耶花の美容法の裏ワザであった。

「あ! お姉さん! 何て事を!」
 と、麗美れいみ
 他の娘達も驚いている。

「あのね。後で説明するわ。……とにかく……アイツはね、……私達ストリッパーにとっちゃ、悪魔みたいな男なのよ!」
 こう言い残して、沙耶花は秀雄の席まで運んで行った。

「あの・・・・タバコ吸いたいんすけど・・・・禁煙じゃないっすよね」
 と秀雄。
 無言の沙耶花がニッコリうなずく。

「大丈夫だって事っすね。灰皿、……お願いできますか?」
 と秀雄が言った。
 もう一度ニッコリうなずいた沙耶花は、テーブルにコーヒーゼリーを置いた。
 秀雄はまったく気付かない。
 さっそくスプーンを手にして食べ始めた。

麗美れいみちゃん、灰皿持ってってあげて!」
 と、戻ってきた沙耶花が小声で言う。

「でも・・・どうして?」
 と麗美が質問する。
 娘達も、いぶかしげな顔をして、沙耶花とテーブルの秀雄を、交互に見比べている。

 黙って襟元を大きく広げた沙耶花は、首筋の「みみず腫れの痕」を見せた。
 それから、腕まくりをして、防御傷である「みみず腫れの痕」も見せた。
 もう痛々しくはないのだが、蒼黒く変色している分、ストリッパーにとっちゃ、より絶望的な状態と言えよう。

 沙耶花が小声で言った。
「しっ! 騒いじゃダメ! ……オッパイも、お尻も、背中も、……身体中に食らったの」

 驚愕の娘達は、声を押し殺して、どす黒い「みみず腫れの痕」を凝視している。

ひどい! アイツがやったのね!」
 と麗美。

 沙耶花は小声で、しかし敢然と言った。
「これからが面白くなるわ! みんな、協力してね!」
 ストリッパー達がうなずいた。

 秀雄はコーヒーゼリーを完食した。
 麗美が灰皿を持ってきた。
 秀雄はタバコに火をつける。

 ──はあ。空気はうまいし、姉ちゃんはやったら綺麗だ。たまにはこーゆートコも、いーもんだねー。

 勘定を済まして、バザールの品々を眺めながら歩いていると、俄かに、もよおしてきた。

 ──うっく! 腹いて! ウンコしてえ! きっと、冷えたんだな?

 境内の公衆便所に行くと、折り悪く、塞がっている。

 ──ドンドンドン
 とノックをしても、更に強いノックの音が返って来るばかり。
 仕方が無いので女性用の方へ行ったのだが、そこにも先客がいた。

 沙耶花の指示で、ストリッパー達が策謀しているのだ。

 ──ああ、ちくしょう、急激に・・・・我慢できねえ!
「すんません! 急いでもらえませんか!」
 と、男性トイレに戻って、ついに叫んでしまったのだ。

「うるせー! 馬鹿野郎! 俺は時間がかかるんだ! 他所よそ行けよー!」
 と、これは、沙耶花の指示を受けているマアくんの声だ。

 ──ああ! もうダメだ! ちくしょー!
 そこで、再び女性トイレに行ってノックする。
 だが、無常なノックの音が返って来るばかりなのだ。

 ──う・・う・・他にトイレは見当たらないし、しょうがねー!
 秀雄は境内の奥の、池の周りの茂みを目指して、ヨロヨロと歩いてゆく。
 走ったら、漏れそうなのだ。

 更なる罠をしかけるべく、沙耶花は池で待ち構えていた。
 公衆便所を塞いでいた二人も、ヨロヨロと歩く秀雄を追い抜いて、先に池に到着した。



 沙耶花はさっそく、ストリッパー達に指示を与える。

「麗美ちゃんは此処に立っててね。マリアはこのへんを歩き回ってね。マアくんと優香はカップルになってね。みんな、アイツがしゃがみ込んだら、大声出して怒鳴り散らして、大騒ぎしてやって。・・・・そーすれば・・・・此処しか無いわね。此処に来たら・・・・ムフフフ」
 沙耶花はニッタラと笑った。

 そこは、池に面して傾斜けいしゃしている、狭い窪地くぼちであった。
 池のヘリの所では、植え込みで遮蔽しゃへいされている唯一の場所だ。

 ──人生、何があるか解らんなー。うー腹いてえ! う! ちびりそう!

 秀雄は池の脇の茂みに辿り着いた。

 ──何だ? 茂みの一番濃いトコなのに。さっきのウェイトレスじゃねーか! あー! 携帯かけてるし・・・アッチ行けよ! くそ!
 秀雄はヨロヨロと「場所探し」をする。

 ──あ! アベックがいる! だけど・・・ちくしょー! もーダメだあ!

 ジーンズを下ろしてしゃがみ込もうとした刹那、
「こらあー! オマエ何やってんだあ!」
 とマアくんが怒鳴った。
「警察呼ぼか?」
 と女(優香)も言っている。

 ──何! 警察! ヤベヤベ! 逃げよう。
 強姦魔としては、逃げるしか無い。
 へっぴり腰になって逃げる。
 目の前がかすんだ。

 ・・・・・・・ブリブリブリ!
 ズボンが膨らんだ。
「ああ! やっちまった!」
 こうなったら、もう、止まらない。
 ・・・・・・・ブリブリブリ!

「きゃー! 何! コノヒト!」
 とマリアが叫ぶ。
「嫌だわ! くっさ~い!」
 と優香。

 ──うわわ! チッキショー! いっその事、倒れて、病気のフリでもすっか?
 と思った瞬間、あのウェイトレス(麗美)が、話しかけてきた。

「大丈夫ですか? 救急車呼びましょうか?」
 すかさず、
「警察も呼べ!」
 と、沙耶花に耳打ちされたマアくんの大声が響く。

「あ、いーんです。すんません。どーか、放っておいて下さい」
 と、もはや腰の抜けている秀雄。

「オメエ! くせえんだよ!」
 と無常なマアくんのドラ声。

 ──この男、さっきから? いったい、なんなんだあ? あーもう、・・・・マゾになりそう。

 笑うしかない。とばかりに、意味も無く笑った。
「うへへへへ・・・ひいひいひい」
 と、途中から泣き笑いになっている。
 そんな秀雄に沙耶花が話しかける。
「ねえ、アナタ、アッチの窪地で、お洗濯できるわよ」

 秀雄は、泣き笑いしながら、沙耶花の指差した方向へ逃げる。
 ・・・・・・・ブリブリブリ!
 と、またしても排泄しながら。

「うー! ちくしょー! 何てこったア! 我ながら・・・・臭いぜ!」
 と言いながら、ジーンズとトランクスを脱いで、池の水に浸けてはパシャパシャと洗う。
 フリチンで傾斜地にしゃがんでいるのだ。
 下半身も洗わねば。と、目を凝らし、どんより濁っている池の深さを目測する。

 ──けっこう深そうじゃねえか? おっと! この角度じゃ、足が滑るぜ。

 下痢便の後は足がよろめく。
 だから傾斜地では、身体がかしぐ。

 その時であった。
 植え込みの後ろに隠れていた沙耶花が、手にした長い棒を、秀雄の背中に突き出した。

 ──変態ヤロー! お返しよ!

 ──ドン!
 と突かれた。
「うわ!」
 とばかりに秀雄は池に落ちた。

 ──ドッボーン!

 池の深さは1メートル程であった。

「おぶぶぶ! もう、最低だぜ! 馬鹿野郎!」
 秀雄の叫び声が響く。

 日本晴れとは言え、師走の寒空だ。
 まだ午前中の裡弁寺リベンジの池の水は、かなり冷たかった。

 植え込みの陰から素早く退散した沙耶花達は、バザール会場へ戻ってから、しこたま笑った。

「ザマミロ! 変態男! これでやっと、気分良くパリへ行けるわ!」
 と沙耶花。

「でも、沙耶花姉さんの下剤、強烈ねえ」
 と麗美。

「宿便落としにいいのよ。そだ。祝杯よ。ピザでも取ろ。デリカピザのデラックスおごるわ!」

「わーい!」
 とストリッパー達。
「ぐふふふ」
 とマアくんも笑った。
















 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)