忍者ブログ
連載中小説
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秘儀! 肛門吊り



「こうやって、突っ込んでるだけで、イケるんだもんなあ。ホント、加奈子、オマエ、棒さえありゃいい。って感じだな」
 と、あきれ顔の秀雄が言った。
 加奈子は、うっとりと、余韻に浸っている。


 ところで巨根の秀雄は、奥までズッポシと挿入しても、根元まで入るって事は無い。(日本の女が相手の場合、なおさらだ)
 この事によって解るのだが、並や短小の強みというのは、根元まで挿入して、女性器の外性器を、グリグリと刺激する事が出来るって事だ。
 優越的巨根に、一矢報いた感じがする。

 どうだろう? 自分自身の満足度だって、根元までズッポシの方が、強いのではなかろうか?
 半分くらいしか埋没できない、ウルトラ巨根をエロ画像で見る時、なんとなく「他人行儀」という言葉が脳裏をよぎる。
 そして、
「ヤーイお前なんか、どんなにイイ女が相手だって、『根元までズッポシのグリグリ』はできないだろ! そーゆーのを『他人行儀』のままって言うんだよ。
 と溜飲を下げる。

「負け惜しみも、此処まで来ると、たいしたものだ」
 と我ながら思う。
 しかし、何事にも、「一理」ってもんは、あるのだ。

 つまり、愛おしく思う故に、強く強く抱きしめたいのであるからして、そのままの格好で、『根元までズッポシ入れてグリグリ』するという行為は、愛情としては、一番自然なのだと思う。
 情熱のまま、密着度も高く、ヤレるんだから。これは、幸福ってもんに違いない。

 そもそも巨根の場合、腹を密着させる事は不可能なのだ。
 突っ張り棒が、つっかえ棒となって、腰の密着ができないのだ。
 つまり、『挿入』と『抱きしめる』がイコールじゃない。
 それこそが、『他人行儀』という言葉を、思い浮かべる由縁なのである。

 ──おい、ロッカ。そろそろ「短小野郎の愚痴」にしか聞こえない。もーやめときなさい。
 と参照太夫。

 もしかして、時折秀雄が剥き出しにする「鬼畜的性格」は、「射精不能」だけじゃなくて、この「他人行儀」な形態でのセックスにも、要因があるのかもしれない。



 秀雄が言った。
「ホントにもう、自分ばっかよう、加奈子はドスケベな、くそおんなだ!」

「・・・・・・ごめんなさい」
 と言う加奈子を尻目に、秀雄は赤縄を取り出した。

「あ! 縛るの?」
 と、これはこれで加奈子の目が潤んできた。
 この赤縄は、前回の時、体験している加奈子であった。

 秀雄は命令する。
「立て。加奈子」
 上下に掛けた赤縄を引き絞られて、たわわな乳房がくびり出される。
 興奮の為、乳首が勃起している。
 手は後ろに回して縛られた。
 模範的なマゾ人形の出来上がりである。

 つけっぱなしにしているアダルトチャンネルは、SM時代劇の真っ最中だ。


 

ここで秀雄は、最近愛用しているギターケースから、何やら取り出した。
 それは、男物の、こうもり傘の、の部分であった。つまり、とっての部分だ。

 年配男性用で、〝J〟の形をしているのだが、民芸調であり、ごつごつと節くれだった形態である。
 本来ステンレスのパイプが差し込んである部分には、縄が一本差し込まれていて、その縄は接着剤によって、に、がっちりとくっついていた。
 ピストルに例えると、銃口から、30センチの縄が生えているのだ。

「あん・・・恥ずかしい」
 と言いながらも、加奈子は、抜群の緊縛裸身が映っている鏡に見入っている。

 ──オッパイが・あんなにパンパンに・なっちゃって・・・
 ──乳首が・あんなに・・膨らんでる・あ・勃起って言葉・・あ・あ・恥ずかし・・また・・秀雄に・・ドスケベ女って・・言われる・・・

 デルタの陰毛が映っているのだが、この毛はいつまで存在を赦されるのだろうか?
 前回、秀雄が、
「今度剃ってやる!」
 と宣言していた。

 加奈子は、溢れるほど濡れてきた。

 ──あ・・くそおんな・・変態おんなって・・言われる・・

 ますます濡れそぼる。

「さあ、加奈子センセ、始めっかア! お! ハメて欲しくて、スンゲなあ、ジュルジュルだ。太ももまで溢れてんじゃねーか!」

「あ・・あ・・あ・・」

「やっぱ、お仕置きが必要だな! オマエはドスケベ過ぎる! スケさんもカクさんも、そー思うだろ?」

「あ・・あ・・赦して・・」

「赦してって、ハメられたくねえのか?」

「あん・・入れて・・」

「入れてじゃなくて、ハメてって言ってみ!」

「あ! あ! ハ・・ハメて・・ハメてください・・」

「よっしゃあ!」
 とばかりに秀雄は挿入した。
 つまり加奈子は挿入された。
 しかし、場所と感触が違う。

「え? 嫌! 何なの?」
 加奈子のアナルには例の、傘のが、差し込まれていた。
 ごつごつと節くれだった、高齢男性用の傘のの部分。

「あ・・もう・・アナルは嫌・・赦して・・」

 ──何て事! さっき見た傘の柄を、入れたのね。
 ──秀雄って本当に変態! でも、おちんちんじゃなくて良かった。
 ──またあんなの入れられたら、今度こそ肛門、裂けちゃう。

 ローションを塗ったは、スンナリと入った。
 しかし、
「え? あ! やめてー! いやー!」
 加奈子は思わず叫び声をあげた。
 Jの形のは、その形態通りに〝フック〟として、加奈子の尻を吊り上げていた。
 後ろ手に縛られた縄に、の先から生えている縄を、結び付けている。



 これじゃまるで、手荷物だ。
 手荷物の持ち手と同じである。
 そうだ。
 加奈子は肛門にフックを差し込まれ、背中に持ち手を付けられて、前かがみのくの字となって、まさに荷物として扱われているのだ。

 肛門がぐっと引っ張られて、尾てい骨方向に広げられるのは、かなり屈辱的だ。
 秀雄はグイグイと持ち手を引っ張り上げる。
 肛門が広がる。
 加奈子はつま先立ちになって耐える。

「あー! 酷い! わたしの身体を・まるで・・まるで・・」

「そーだ! オマエはケツ穴を吊られるメスブタだ! ハンガー掛けからブラ下げてやる。ケツ穴で吊られて足バタバタさせるとこ、見てえじゃねえか。お楽しみってんだ!」

 背中の持ち手を吊り上げられながら加奈子は、つま先歩きでヨロヨロと、ハンガー掛けの下まで連行された。

「うわー! 秀雄・・お願い! ・・赦してー! ・・」
 加奈子は泣き出した。
 危機的状況に頭が高速回転する。

 ──秀雄はやるわ! 異常者だもの。だから、赦してもらえない。わたしは荷物のように、いえ、食肉工場の豚肉のように、肛門をフックで吊られるの? 嫌! 信じられない! でも、秀雄は絶対やる!

 ハンガー掛けの下で、肛門がグイッと引っ張られた。

 ──もう駄目だわ! ああ神様。赦して下さい。悪いのはわたしです。秀雄を呼び出したのは、セックスが気持ちイかったからです。わたしの欲望です。神様これは罰ですか? でも、肛門を吊られて、死ぬかもしれない。いえ、きっと死ぬわ。そしたら、秀雄は逃げるわ。逃げるに決まってる! 衆議院議員、丸山加奈子、ラブホで肛門を吊り下げられて変死。ウソみたい! これ以上最低な事ってある? 何て事!

 加奈子は叫んだ。
「神様! あんまりよー!」
 その時、秀雄の巨根が、膣の中に入ってきた。
 尻穴のフックを引っ張り上げられながら、立ったまま、バックスタイルで挿入されたのだ。



「ハンガー掛けに『ケツ吊り』されたくなかったら、気合入れろ!」

「ああ・・ああ・・ああ・・恐ろしい男・・秀雄は・・きっと・・悪魔だわ」

「それじゃ、悪魔の子を妊娠させてやる! たっぷり中出ししてやっから、おま○こキュキュッと絞めてみ! 締まり悪かったら、コッチだ」
 フックのを、ぐっと持ち上げる。
 肛門が引っ張られて開く。

「あうううう・・・酷い・・・酷すぎる・・・悪魔!・・くうう・・・」

「こーすればスンゲ締まるな。あははは、自分でやってるって感じ」

 暫く立ちマンが続いた後、後ろ手縛りの加奈子は、ベッドの上、枕の上に押しつぶされた。
 四つんばいの時のように、尻だけを高々と上げる。
 荷物である加奈子には、嫌も応も無い。

 肛門のフックを引っ張られながらの往復運動コイタスなのだが、加奈子は感じてきた。
 女の身体とは不思議なもので、こうなると、今の今まで嫌悪感として感じていた感覚が、あらかた快感となってくる。
 肛門フックでさえも、コイタスのスパイスのような気がする。

「ああ、神様、わたしって本当に馬鹿です。ああ・・ああ・・赦してください・・気持ちイです・・イ・・イキそ・・イキそ・・秀雄・・イキそ・・」
 フックが引っ張られ、肛門がぐわばと開く。

「ヨオーシ、加奈子、肛門おっぴろげながらイッてみ」
 こう言って秀雄は、巨根で膣穴をかき混ぜる。

「ひい・・ひい・・ふあ・・ふあ・・酷いィィィィイクー! イクックックックウ・・」

「ホント、スンゲ、スンゲ。たっぷり、ぶちまけてやる!」
 言うと同時に秀雄は、膣の中に大量に放尿した。

「あ! 駄目! 妊娠するウ! あ・・あ・・悪魔・・イクー・・・」
 それでも加奈子は、シンクロしてしまう。
 巨根を抜き取った秀雄は、更にフックを引っ張り上げて、広げた肛門の中に、残尿を注ぎ込んでやった。

「加奈子センセって、ホント最高のオモチャだな。ふはははははは・・・」
 秀雄の叫笑が続いていた。



















 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)