忍者ブログ
連載中小説
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プカプカ



二人は、レインボーカラーに光り輝く大きなバスタブの中だ。
70年代への鎮魂歌、『プカプカ』は、エンディングにさしかかっていた。

~♪アンタとアタイの・死ねる時・わかるまで~・・・・

風呂で歌うのは気持ちがいい。
歌い終わって上機嫌の秀雄が言った。
「『オヤジクラブ』じゃ毎日、時代劇と歌謡曲だかんな。ジッサイ最近の曲より好きになってきた」

「今の曲。……なんだか、JT(日本たばこ)のコマソンみたいね」

「あははは。オマエって、おもしれえ女だなあ」
こう言うと秀雄は、加奈子の尻に、ぐぐっと巨砲を押し付けた。
またしても完全勃起している。

後ろ抱きにされている加奈子は、お湯の中で尻を突き出した。
バックスタイルで、秀雄が挿入し易いようにである。
今夜はアナルばかり責められていて、性器の方は「オアズケ」が続いていた。

──あ・・来るわ・・・大きいのが・・・
膣口が期待に震える。

ところが秀雄は、なんと、またしてもアナルを貫いたのだ。
まだ弛緩しているアナルは、お湯の温かさも手伝って、案外すんなりと受け入れた。

「あ! 駄目! 嫌! また、そこなの?」

「どこに入れて欲しいか、ちゃんと言うまでは、オマエは、ここ専門だ!」

がっちりと押さえ込んで、往復運動コイタスを始める。
潤滑剤を使ってないお湯の中では、より生々しい肛門の感触が伝わってくる。

「ふわわあ! そこは・・もう・・赦して! あ・・あ・・あ・・・・・・」
ここで一旦抜いてやる。
──ガボボッと、音がしたような感触だ。

それから、指で肛門の輪郭をなぞってから、人差し指と中指をこじ入れて、ぐいぐい広げてやる。
お湯を入れてやろうという魂胆なのだ。

「お! ケツの穴、やっぱ広がってる!」

「あ! 馬鹿ア! やめて! ・・汚しちゃう・・・・」
加奈子は、湯舟のへりにしがみつく。

秀雄は、肛門に指をあてがって、こじ開けたまま、再び巨砲を挿入する。
──ぶきゅっ。
とした感触だ。
そのまま奥まで、ぐいぐいと突っ込む。

「あむう・・・ふあ・・・ああ・・・あ・・駄目・・駄目・・・」
身をくねらせ、悶える加奈子の姿が、洗い場の鏡に映っている。
苦悶の表情がたまらない。

ここで再び秀雄は、勢いよく抜いてやる。
今度は、
──ボグググ・・・
という音と共に、大量のアブクが出た。
「あー! 嫌ー!」
と加奈子が叫ぶ。

「嫌ってオマエ、スンゲー屁だな! ヘタレ女!」

「あ・・あ・・嫌・・嫌・・意地悪・・」

「おわあ! くせえよ! くせえ、くせえ」

「嫌・・言わないでえ! ・・・・」
消え入りそうな加奈子をふんづかまえて、またしてもアナルに挿入。
激しく突っ込んでやる。
そして激しい往復運動コイタスを、ぶちかます。
バシャバシャと暴れる加奈子は、まるで、釣られた鯉のようだ。
頃合いを見て、また、ズッポン! と抜いた。

「わ! わあ! 出ちゃう!」
加奈子の叫び声と同時に、
──ブググ~~~ブクブクブク・・・
気泡と一緒に、大量の大便が放出された。
そして、周りにプカプカと浮かんでくる。

「ひょえ~! この女。クソ噴いたぜ~!」

「ああ! だから・・トイレにって・・・馬鹿ア!・・あなたが悪いんだから!」

「クソこいて、馬鹿はねーだろ! 誰のクソだよ! 他人ひとのせいにすんな! クソ女!」

「酷い! 馬鹿ア! 馬鹿ア!・・・・」
こんな時、加奈子は、泣き出すタイプの女じゃない。
だが、真っ赤になって、恥辱に震えている。



「せっかく風呂入ってんのによー。台無しだア。あー、くせえ! くせえ!」
と言いながら、痛快な秀雄は、またもやアナルに挿入した。

「ふわ! もう・・もう・・お尻は嫌! ・・秀雄・・赦して・・・」
加奈子は太ももを閉じ合わせ、尻をひねってじたばたする。
だが、秀雄の両手は、よくくびれたウエストを、がっちりと捕らえている。
加奈子は逃げられない。

──あん。まるでお尻の中に心棒が入ってるみたい。

虫ピンで貫かれた蝶の標本を思い浮かべた。

快感曲線が上昇しっぱなしの秀雄は、さかりのついた種馬の如く、往復運動コイタスを続ける。

「はあー! マジ気持つえー!」
──俺のチンポ、どかなっちまったのか? ま、気持ちイーからいいけど。………

バシャバシャという水音の中で、「肛門の感覚」に翻弄され続ける加奈子なのだ。
アナルでの快感は、まだ開花していない。
苦しいだけじゃないが、まだ快感には、程遠ほどとおい。

だけど、排便の後では、不思議な安堵感を感じてしまう。
たしかにお湯は汚してしまったが、その分、腸内は綺麗になったのだ。
オナニストの婚約者は、何処も触ってはくれないけど、秀雄は、肛門だって愛してくれるのだ。
愛される場所は綺麗にしたい。

「はあっ・はあっ・はあっ・はあっ・はあっ・はあっ・・・・」
──力を抜いて・・大きく息を吐くのよ。・・そうすれば痛くないわ・・アタタタッ・痛いじゃない! ・・太過ぎるのよ・・秀雄の馬鹿! ・・本当に・・太い心棒・・あん・・凄い・・・

加奈子の膣が収縮運動を始めてきた。
お湯の中にも関わらず、愛液でぬるぬるになっている。
裏側からの強烈な刺激に、反応しているのだ。

──・・・ああ・・なんだか・・お尻・・痛くなくなってきたわ。・・慣れたのかしら?
──嫌ね。・・あ! ・・ちょっと気持ちイイ・・・・

この瞬間、肛門が感じているのか? それとも、裏側からの刺激によって、膣穴が感じているのか?
男としては気になる処だ。
だが、正常な女は、こんな事は気にしない。 
ようするに、どっちも感じればそれで良い。と考えるのだ。

「・・・あん・あん・あん・・」
──ヤダ! 何? この声! 我ながら・・エッチな声!
──でも・・・大変な事になっちゃったけど、・・お風呂でよかったわ。
──ベッドじゃなくって・・本当に・・良かった・・
──ああ、ウンコが・・こっちに流れて来る。
──プカプカ流れて来る。・・あーん。臭い!
──もお……サイテー!

激しいアナルコイタスの中、加奈子が提案する。
「あ・・あ・・ねえ・・秀雄・・お尻は・・もういいでしょ?・・う・・き・・綺麗に洗って・・ベッドに・・行きましょ・・あ・・あ・・」

更に激しく腰を振って秀雄が答える。
「まだだ! 本日のアナルは満員御礼まんいんおんれいってんだ。オラ・・オラ・・オラー!」
『オヤジクラブ』で暮らすうちに、オジン臭い言い回しが、板についてきた。
そして、ジャグジーのスイッチを入れた。

──ボグン・ボグン・ボグン・ボグン・

大量の気泡が、大便だらけのお湯をかき混ぜる。

そんな中で、秀雄は気を沈め、目を閉じて集中している。
何の為の集中なのか?

「よし、出そうだ。出すぞ!」
と言うなり、
──ジョジョー
とばかりに、加奈子の大腸の中へ放尿した。

「ああ・・秀雄! あ・・熱い!」  
と、加奈子は、秀雄の射精だと思い込んでいる。

「あん・秀雄・・あん・あん・あん・あん・」
左手で湯舟につかまりながら、右手を後ろに回して、秀雄の腰から太ももを撫で擦る。
尻だって、たまらない動きで、揺すっているじゃないか。

アナルでのアクメは、まだ未経験の加奈子であった。
今回だって、アクメじゃない。
けれども、秀雄の絶頂(射精)には、盛大に反応してしまう。
加奈子は、本当に可愛い女であった。

そして可愛い女は再び脱糞する。
秀雄の大量の尿が「小便浣腸」となって、大腸の中で暴れ回った結果だ。
ジャグジーの中、脳乱する加奈子のアナルは、抜かれては、差し込まれ、深々と貫かれては、また抜かれる。

「スンゲなあ。オマエ、抜かれる度にクソ噴くのな。お! また・・・・この・・クソ噴き女!」

「あ・・・嫌・・・また・・・あんん・・嫌・・・・赦して・・・」

「よーし! 加奈子。この際だ。全部ヒリ出せ! 綺麗さっぱりってんだ!」

「あん・・もお・・信じられなーい!・・あ! ・また・・・もお滅茶苦茶って感じ・・あ! ・・あーん・止まらないー・・」
















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)