忍者ブログ
連載中小説
[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

極エロの沙耶花



 ミツルが来ていた。
 連絡もなく突然やってきては、沙耶花を抱く。そして、いつだって金をせびって帰って行く。

 いつものように沙耶花を後ろから抱きしめた。
 肉体に痕跡が残る事は嫌だったが、沙耶花だってセックスが嫌いな訳じゃない。

「あん・ミツル・電話くらいしてよ。携帯止められたの?」

「いんや。俺の女を俺が抱きに来る。何が悪い? むしろ、悪いのはオマエだよ。罪の無いジイサン騙しやがって」

「あら、ファンの人が、色々とプレゼントして下さるのは、当たり前の事なのよ」

「へっ! マンションまで貢がせるのは、やり過ぎだと思いますがねえ」

「何よ。自分だって、小松さん追い出すの、手伝ったくせに! 勝手な事、言わないでよ!」

「なあ、早いトコ、マンション売っぱらって、引っ越した方がいいんじゃねえか? ここで暮らし続けるオマエの神経が……信じらんねえ……」

「あら、わたしの家でわたしが暮らす。何も変な事じゃないわ」

「……図太いねえ。……ドアの隙間から小松さん、今も覗いてる気イがしねえか?」

「・・・馬鹿! ・・・」

 ミツルは、手早い仕草でサヤカを剥いてゆく。
 真っ昼間のリビングルームの、レースのカーテン越しの光の中に、沙耶花は極上の裸体を曝す。

 真っ白な、たわわな乳房を、ぎゅっと、わしづかみにしてやりたいミツルなのだが、痕が残ると、また沙耶花が、うるさい事を言うに違いないから、ぐっとこらえて、なぶなぶと揉んでやる。
 白い背中にも唇を這わせてやるのだが、こちらも、強く吸引したり、歯を立てる事は許されない。

 苛立つ気持ちを押さえ切れないミツルは、ジーンズとトランクスを脱ぎすて、サヤカをひざまずかせた。 そして、仁王立ちとなり唇奉仕を命じた。
 サヤカは、柔らかな手で玉袋を愛撫しながら、弩張したペニスを咥える。




 同い年のミツルは、十代の頃からサヤカを抱いていた。
 その頃は、遊びに行く時は、いつでも沙耶花を連れて行った。

 今は、あらかた「仲間」と過ごしていて、沙耶花の所へは、たまに顔を出す程度だ。
 仲間は金持ちの子弟が多かった。
 仲間の誰かの、親の所有する別荘へ行き、薬物をやったりもするのだが、最近は、めっきり真面目になっていた。

 避暑地や観光地で、輸入雑貨の店を運営したり、やはり行楽地で、カフェやレストランなどをやっていて、屋台村や、ライブハウスも運営している。
 斬新なラーメンや、創作料理なんかをやりたい貧しい若者をバックアップして、店を作ってやったりもする。
 皆、「仲間」となって、知恵を出し合い、少しづつ発展してきた。
 まだまだ儲かっているとは言い難いが、どうにか採算が取れるようになってきていた。
 頭のいい仲間を中心に、レジャー産業となってきているのだ。
 だからミツルは、自分は沙耶花が思っている程、遊び人じゃないと思っていたし、30歳までには目鼻がつくんじゃないか? とも思っている。

 沙耶花を、仲間に紹介したい気持ちはあるのだ。
 しかし、
「おえ! スッゲ、エロ気ある!」
 とか、言われそうである。
 だから、どうしても、気恥ずかしさが先に立つ。
 仲間の周りにたむろする女達も、姉さん女房タイプと、キャピキャピギャルタイプのどっちかなのだ。
「ミツルのカノジョって、エッロイわねえ!」
 なんて、言われたくない。




 沙耶花は上目づかいにミツルを誘ってから、ベッドルームへ移動した。
 仰向けに寝転ぶと、さっそく大開脚して、自らのつるつるの性器の、クリトリスに指を這わせる。
 しっとりと、いかにも柔らかな身体が、淫らに揺れている。

 ミツルが言う。
「……入れろってか。この、ドクケベ女」

 紅潮した沙耶花は、自らの小陰唇を押し開いて、ピンク色の秘肉を剥き出しにする。
 蟻の戸渡りと肛門に力を込めて、膣口をヒクヒクと動かして見せる。
 フェロモンの香りが漂い出す。これは強烈な誘いだ。

「あん・・早く・・お願い・・」

 ミツルはヌプっと挿入した。
 だが、わざと、そのまま、動かない。
 じっとしている。

 沙耶花は淫らに腰をくねらしながら催促する。
「ねえ・ミツル・・チンチン・・動かしてよ・・」

「自分でケツ振って、イってみな」

「あん・・馬鹿ア・・・意地悪ウ・・・」
 沙耶花は両ひじで上体を支えた格好となり、大開脚の腰を押し付け、回し始めた。
 まるで舞台の上のような動きである。
「あ・・はん・・はん・・はん・・」

「オマエ、あざになるから駄目。とか言ってるけど、本当は、滅茶苦茶にして欲しいんだろ!」
 こう言ってミツルは腰を動かしてやる。

「あ・あ・あああ・あ・あ・・・嫌ア・・・イク・・ウ・・・・・・・・」
 沙耶花はすぐに達した。
 極上の裸体がふるふると震える。

「スゲ、今日はずいぶん早いじゃねえか。小松さん、思い出したからか?」
 ペニスに絡みつく膣襞の、収縮運動がたまらない。
 ミツルのピッチも早くなる。
「あ・・馬鹿・・・あ・あ・あ・あ・」

 尚一層妖しさを増す沙耶花の腰の動き。
 すべやかな「子供脚」がミツルの腰に絡みつく。

「あっふう! スッゲなあ!」
 ミツルは抜き取って放った。
 まっすぐ飛んだ精液が、Cカップの下半球を濡らす。
「はふ・・・ふ・・イク・・ふ・・・」
 ぐっと、おとがいを仰け反らせ、白い裸体は更に激しく痙攣する。
 絶品裸体は再びアクメに達した。

 


 



 










 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)