忍者ブログ
連載中小説
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最前列かぶりつきの楽しみ  



「実際、射精する時の快感って、どんな感じなのかな?」
と、秀雄が言った。
「オマエ、相変わらず、出ねえのか?」
孝太郎が笑いながら茶をすすった。

茶をすすったといっても、和室で座卓を挟んで、茶を飲んでいる訳じゃない。
此処は、ファミレスなのである。
孝太郎は、秀雄の高校時代のクラスメイトだ。
秀雄と同じ26歳のくせに、先程からドリンク・バーの、ティーバッグの緑茶ばかり飲んでいる。

高校卒業と同時に、さすらいの旅(強姦行脚)に出た秀雄と違って、孝太郎は東京の大学へ進学した。
だが一年足らずで退学したと言った。
理由は色々あるのだろうが、この「お話」とは関係ない。

脱色した毛髪を、見事な金髪に染めあげ、左の鼻孔には鼻ピアスを、下唇の左端にもピアスを付けていて、口を開くと舌の真ん中にも、球形のピアスヘッドが光っていた。
まだ暑いだろうに、ひと昔前の米空軍エア・フォースのぶ厚い革ジャンを着ている。
26歳にしては「脳天気丸出し」といった感じだ。
流石は秀雄の友達というべきだろう。

「茶アが一番、コカインが強いって言うじゃねえか」
「バーカ。そりゃカフェインだ。コカインはコカコーラに入ってんだよ」
どっちもどっちである。




孝太郎は都内のストリップ劇場で、裏方の仕事をしていた。
拘束時間がやたら長いわりには、給料も安い仕事だ。
だけど孝太郎は、この仕事が気に入っていた。
暇な時は「サクラ」となって客席に出張る。
舞台の袖に陣取り、マラカスを振って、タンバリンを叩いて、「ご開帳タイム」の前にコスチューム着用で繰り広げられる、「セクシーダンスタイム」を盛り上げてやるのだ。
新人ストリッパーの緊張をほぐす効果もある。
気分は、ストリッパーの親衛隊長といった処である。
ストリッパーの娘はダンサー志望が多い。と言うよりは、ストリッパーそのものが、基本的にダンサーなのだ。
だから音楽の好みはなかなかうるさい。従って選曲のセンスも良い。
各々のストリッパーの一押しの曲にのって、幸太郎は精一杯盛り上げる。

「ア・ソレ・ソレ・ソレ・ソレ・ソレ・ソレ・ソレ・ソーレイ!」
金髪ピアスの孝太郎は、いつしか劇場の名物男となっていた。




その日、「ご開帳タイム」(昔は「特出し」って言ったよね)真っ最中の、舞台の最前列かぶりつきに、ロッカと樺山かばやまと秀雄が並んで座っていた。
ロッカと樺山は、飲食禁止の館内にも関わらず、ショータイムの暗がりをいいことに、ケンタッキーフライドチキンに、かぶりついていた。
秀雄にも一本渡して樺山が言った。
「な。秀雄。こうやって、オマンちゃん凝視しながら食うフライドチキンって、最高だろ?」
すかさずロッカが補足する。
最前列かぶりつきでかぶりつく。なんてったって生のオマンちゃん見ながらが一番だ!」
『館内、飲食禁止』の張り紙を見ながら、秀雄は苦笑している。

ロッカが言う。
「樺山、カンビール開けろよ」
──プシュ!
──プシュ!
──プシュ!
真ん中に座る樺山が、たて続けに三缶開けて、ロッカと秀雄に配る。

「秀雄、もっと食え。『特出し』の最中に、食っちまうんだ」
と、ケンタッキーフライドチキンのファミリーパックの紙バケツを抱えた樺山。

「いや、二人とも、かなり変態っすね」
と、頬張りながら秀雄が言った。

「あははは。たまんないだろ? これが昭和の流儀ってもんなんだ。な、樺山」

「そうだ。コーヒーは『ノーパン喫茶』で飲む。サケは『ノーパンしゃぶしゃぶ』で。フライドチキンはトーゼン、最前列かぶりつきだ。これが一番旨い!」

照明が落ちて、皆がスポットライトを目で追っている「ご開帳タイム」が狙い目なのだ。
かじる時だけは舞台の下に向かってうつむく。そのための最前列かぶりつきでもあるのだ。
ストリーッパーに対しては、ちゃんと敬意を払わなくちゃいけない。

ロッカは巧みにチキンをかじり、ストリッパーの肢体を凝視しながら咀嚼そしゃくして飲み込む。
他の客なんざ、ゴミだ。カボチャだ。ジャガイモだ。気にする事はない。
羨ましかったら、自分も何か、楽しみ方を考えてみろ。ってなもんだ。

「お! たまらん! オッパイ見ながら、ガブ! たまらん! むしゃむしゃ。オマ〇コ見ながら! もぐもぐ。お。ガブ! ちゃんとパイパンじゃねーか! もぐもぐ。ゴックン嬉しいね。ガブ! な! な! 気分いーだろ?」
と、ロッカは法悦郷に居るらしい。

「言われてみれば、こうやって食うと、チョー旨いっすね」
と秀雄。

「秀雄はワカッテルな。まだあるぞ食え食え」
と樺山。
馬鹿三人は、暗がりに紛れているつもりであったが、旨そうなフライドチキンの匂いが拡がってゆく。



「あ! おじさん達、イーケナインダ!」
と、乳房をぺったりと、床に押し付けた格好の寝転びポーズで、回天舞台から顔を突き出したストリッパーが言った。
ロッカがすかさず応える。
「黙りゃ! 俺たちゃ刑事だ! 張り込み中だ! 飯食う暇がないんだ。オマンちゃん、ちゃんと見せなきゃ捜査妨害だぞ!」

樺山も言う。
「ねえちゃん、顔はいいから! アッチ向け! もっとよく見せろ! 言うとうりにしなきゃ公務執行妨害になるぞ!」

これを聞き付けた孝太郎が、金髪を振り乱して叫んだ。
「あー! オヤジイ! ナニ食ってんだー! コノヤロー! ザケンナヨー!」

ロッカが言った。
「何ですと! 目上の人間に対して、その口の利き方は何だ!」

「何が目上だ! オヤジ、テメ、ここの規則知ってて、んな事やってんのか?」
と孝太郎。

「当たり前だ! クソガキ! よく聞けよ、こちらのエロ先生はな、飛行機の便所でだってタバコ吸うんだぞ!」
と樺山が言った。

ぐっとマラカスを握りしめて、近づいてきた孝太郎であったが、樺山の顔を見た瞬間、ビビッてしまった。
樺山の顔は、そりゃもう恐いのだ。(ロッカのブログ 超電導美那子倶楽部 「NKSR出張所」参照)

調子にのったロッカが畳み掛ける。
「おい小僧、ここで盛大に葉巻吹かしちゃろか? 窒息死させちゃるど!」
その時、秀雄が言った。
「おい。孝太郎じゃねーか! オマエ、こんな所で何やってんだ?」

「え? オマエ、秀雄じゃねーか」
と孝太郎が言った。
偶然の再会であった。




その後、考太郎は、何やら頼み事があると言った。
そんな訳でファミレスで待ち合わせた次第であった。

「お前ももっと、茶ア飲めよ。な。コーヒーなんかよりずっといいだろ? なんかピリピリしてきた。やっぱニコチンだよなあ」
「バーカ。カフェインだって、さっき教えたじゃねえか」
「え? オマエ、コカインって言ってなかった?」
「あれ? そうだっけ?」
実際、濃いお茶を飲み続けていると、一種のトリップ状態となる。
超安全ドラッグなのだ。
 


 




 





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)