忍者ブログ
連載中小説
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

餞別は暴力で・・



麦子むぎこは『クイーンズ・バー』で酔いつぶれた。

「はあーん・・もお・・・どーにでも・・して頂戴ちょうだい・・」
グラマーな身体を秀雄の膝の上に投げ出している。
身も世も無い風情とはこの事だ。

「ああ。ちっくしょう! ガバガバ飲みすぎっから……この、バカ! くそおんな!」

「なんですって!」
麦子がガバと跳ね起きて、焦点の定まらぬ目で秀雄を睨んだ。

「いや……別に……」
と答えると、

「そ。・・・なら良いのよ・・・」
と言って、再び秀雄にもたれかかって、そのまま眠ってしまった。


ところで、秀雄は思案している。
この店の勘定の事だ。

加奈子から5万円貰い、ウニクロで衣料品一式を購入した訳だが、まあ、それは思いの他、安かった。
しかし、麦子は、よく飲み、よく食った。
金が足りないかもしれない。

本来ならば、『クイーンズ・バー』の勘定を支払っても、いつも加奈子と使うラブホ代くらいは、残る計算であったのだが、予定が狂った。
甘かった。

低い椅子の上に麦子を寝かしておいて、秀雄はレジに行った。
レジには、ちょうど店主がいた。

「カクテルずいぶん飲みましたねえ。カノジョ、いい飲みっぷりだあ。それと、ニューボトル入れてますんで、今日は、ちょっとお高くなりますよ。・・・・4万6千円・・です」

──やっぱり! ……全然、足りねえ!
──麦子を起こして、不足分、払ってもらうしかねえな。

と、考えていると、店主が言った。
「キープボトル、いつも通りに、丸山加奈子先生の事務所でいーんですよね?」

──あ、そうだっけ。キープボトルの札は『加奈子事務所』だもんな。
そこで、
「ええ」
と答えた。

更に店主がこう言った。
「えー。今週は『ヘイグフェア』ってのをやってまして、ヘイグは30%安く入れられるんです。ボトルの残り、少ないようだし、も一本、入れときますかあ?」

店主は秀雄を、『加奈子事務所』のスタッフだと、思い込んでいるようだ。
『加奈子事務所』は上客であった。

「あ、そーしてください。それから・・・すんませんが、今夜は持ち合わせが、ちょっと足りないっつーか・・・」

「・・・はい。了解しました。いーですよ。『加奈子事務所』さんに〝つけ〟ときますんで・・・ご心配なく。・・・ところで・・・この際だから『ヘイグ』。も一本。お得なうちに、いかがですか?」

「あはは。そーだな。もう2本、入れちゃうよ。加奈子センセ、飲兵衛だかんな。そーして下さい」

「はい! 毎度、有難うございます!」

うまうまと。であった。
そうだ。政治家ってモンは、日本でだって特権階級に違いないのだ。
どんどん利用してやろう。

外へ出ると小雨がパラついていた。
いつものラブホの看板が見える。



ふらふらしている麦子むぎこを支えて、秀雄はチェックインした。
フロントを通り抜け、エレベーターに乗る。
今夜の部屋は最上階だ。

「いよっしゃ!」
とばかりに麦子を担いで、極上の獲物を得た猟師のような顔をして、部屋の中へ入った。

バスタブにお湯を溜めながら、麦子をすっ裸に剥きあげてやる。
自分もすっ裸になった秀雄は、ギターケースから短い細身の赤縄を取り出して、麦子の両手を後ろ手にくくってやった。

「嫌。やめて」
と言いながらも、麦子は朦朧としている。
そのままバスルームへ連行して、大きな湯舟にザンブとばかり、ほうり込んでやった。

「ふわあ! 何するの?」
と麦子が叫ぶ。
すかさず湯舟に入り込んだ秀雄は、麦子の頭を押さえて、お湯の中に沈めてやる。
後ろ手縛りの麦子には、抵抗する術がない。

──ブクブク・・・
麦子は、抜群な背中とハート型の尻を浮かせて沈んでいる。

──真っ白くてスベスベだあ!

秀雄は、
「ふっくっくっくっ」
と笑う。

この部屋のバスルームには大きな窓があった。
ガラスはきっと、マジックミラーなのだろう。
街の夜景が見える。

──ガボボ!
と空気を吐いたので顔を出してやる。

「ぶわあ! ゲホゲホ! やめて! なんでこんな事・・」
うるさいから、再び沈める。
──ブクブク・・・ブクブク・・・

バスタブの中のモジュレーションライトのスイッチを入れる。
七色に輝くお湯の中で、麦子のロングヘアーが、ワカメのようにたなびく。

──ガボボボ!
顔を出してやる。

「ぶわ! あなた・・・いったい? ・・ほ・ほどいて! 解いて頂戴ちょうだい

「わめくな! くそおんな! も一回、沈むか?」

「え?」
沈めてやる。
──ブクブク・・・ブクブク・・・ブクブク・・・ブクブク・・・

お湯の中で激しく身体をよじる。
じたばたと暴れている

──ガボボボ!
と空気を吐いた。
顔を出してやる。

「ぶわは! げぼげぼ・・・もう赦して」

「もっかい沈むか?」

「赦してください」

「くそおんな。遠慮すんな!」

「お願い。赦して」

「なら、ケツ突き出せ! オラー!」
と言いながら、バックで挿入する。
巨砲はムギュギュと膣口をこじ開け、突入する。

「あ! 痛い! やめて! 痛い! 痛いの!」
と麦子は叫ぶ。

「うるせー! んなわきゃねーだろ!」

「あああ! 本当に痛いの! きっと、お昼の時、切れちゃってたのね。はっふ! 痛い! あっくっくう!・・」
麦子はぶるぶると震えている。



構わず往復運動コイタスを続けていると、お湯の中に鮮血が漏れ出してきた。
秀雄はコイタスを中断して、広がって行く血液を眺めている。
モジュレーションライトの光の中、真っ赤な煙がたなびくように広がってゆく。
後ろ手縛りの赤縄に、絡みつくように這い上って来る水ダコのようでもある

怪我けがマンかあ。……そっか。いてえんだな」
と秀雄がつぶやく。
肩を震わせ声を押し殺して、麦子は泣いている。

昼間のセックスの際、膣の中に擦過傷をつくっていたのだ。
それが今、無理やり挿入された事で、裂傷となり、血が噴出しているのだ。

「よーく味わっとけ!」
と言うなり、往復運動コイタスを再開する。

「わあー! 酷い! うっうっつっつっ・・」
激痛に顔を歪めた麦子は、首を振る事しかできない。
膣の裂傷はメリメリと広がり、出血の勢いが増す。



「助けて・・何でもするから・・死ぬ・・死んじゃう・・」

「何でもするって?」

「お願い!」

「なら、ケツにすっか!」

「嫌!」

「嫌じゃねーだろ!」
膣から巨砲を抜いた秀雄は、両手で美尻を握って、両の親指で肛門をこじ開ける。
そして、大きな亀頭をあてがって、ぐいぐい押し付ける。

「あー! 無理よ! 入る訳ないでしょ!」
麦子はアナルセックスの経験が無かった。

「ちくしょ! 入んねえな、そんじゃ・・」
左手で右の乳房を握り締め、横抱きにして麦子の動きをおさえた。
そして右手の中指を肛門に挿入する。
ぐりぐりとかき回してやる。

「ふわあ! 赦してえ!」
お湯の中の麦子は、ふわふわと浮かびあがる無重力状態の宇宙飛行士のようだ。
秀雄は、鞠で遊ぶように、麦子の肉体を扱っている。

「力抜かなきゃ、こっちも裂けるぞ!」

「あー! 嫌! お尻は、ダメえ・・」

「だって、おま○こ、怪我してんだろ? しょーがねーだろー」
人差し指も入った。

「はうう! 赦してえ・・・」
二本使ってかき回してやる。
お湯が入って行く。

「な。おおきなウンコする要領だ。ウンコしねえ奴なんかいねえ!」

「ああ・・出そう・・」

「ウンコしたくなったのか?」
麦子がうなずく。















 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)