忍者ブログ
連載中小説
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

守護霊の力



 ──ジュッポンジュジュジュ・・・

 と、指の間から柔便を排便し始めた。
 膣からの出血は止まったのだが、お湯の中に今度は茶色が広がってゆく。

「あはははは、オマエ、よく食ったかんなー。全部出しちまえ」

「ふわー! 酷すぎるう・・・」
 恥辱の麦子は、耳まで真っ赤く染まっている。
 大腸の中を、かき回し続ける秀雄の指が、硬便である本隊に触れた。

「ほら、でっかいのが来んぞ! スゲーな! 遠慮すんなよ」

「あ・・あ・・あ・・あ・・」

 ──グボボン!

 と、でた。
 大物を脱糞した瞬間、麦子は冷静さを取り戻した。
 酔いも醒めた。

 ──はれ? 泣きながらウンコするって、なんだか変じゃない? 馬鹿みたい。
 と思った。

「ほら、見てみ! スンゲの出たな。エイリアンの子供みたいだ」

 スンゲのは、お湯の中で、岩陰のウツボのように、ゆらゆらと蠢いている。

「いやーん! 不気味!」

「お! エイリアン、こっちへ回るぞ!」

「いやーん! 棄ててよ!」

「オマエが生んだんだろ? 冷たい親だ」

「じゃ、私が棄てるから、解いてよ」

「まだ、ダーメ!」

 秀雄はアナルセックスに再チャレンジした。
 両親指で肛門をこじ開けて、亀頭を押し込んでゆく。

「あー! うっ・うっ・うっ」
 ぬぶっと入った。

「よーし! 口で息しろ! ちから抜けー!」
 コイタスを始める。

「はあ・・はあ・・はあ・・」
 そして、腸の中に、盛大に放った。
 最近の秀雄は、小便する事で、射精感覚を味わうつもりなのかもしれない。

 さて、『小便浣腸』を食らった麦子は、この後、盛大に脱糞した。
 もう、泣いちゃいない。
「あーん! もお! うそみたい!」

 大小便と、血液と、今回のスカトロ風呂は一味違う。



 綺麗に身体を洗った後で、ベッドルームへ移動した。

 麦子が言った。
「はああ。凄かったあ! 私、縛られたのも、 お尻も、初めてよ」
 ああ、女とは、なんと許容性に満ち満ちている事か。

 そして、
「なんだか、お腹へっちゃった」
 と言った。

「空っぽになったかんな。しかし、エイリアンの子供、スンゲかったなあ」

「あーん。バカあ!」



 二人は外出した。
 もう明け方なのだが、このあたりの人通りは、ちっとも衰えない。
 歩道の屋台でラーメンを食べた。
 それから、ラブホへ戻って、しっかりと抱き合って眠った。
 麦子という女、背が高く、巨乳で、くびれもくっきりとイイ女なのだが、本性は甘えんぼなのであろう。

 ところで、麦子の肛門は、やはり切れていた。
 初めてのアナルセックスが、秀雄の巨砲相手じゃ無理も無い。
 膣の裂傷に肛門裂傷。散々な目に遭った筈の麦子なのだが、何故だか安らかな寝顔であった。




 後日談になるが、ウニクロ南昌ナンチャン店の、オープニングセレモニーには、あの陽部長も駆けつけてきた。
 そして、自信に満ちた態度で、麦子をホテルに誘った。

 ──そろそろシャブが欲しくなっている筈だよ。いつものように、狂わしてあげるよ。

 と、たかをくくっていた。
 しかし、以外な事に、麦子はホテル行きを拒否したばかりか、婚約破棄を宣言したのだ。

 簡単に引き下がる陽部長ではない。
 アノ手コノ手で執拗に食い下がる。

 ──どうした? 麦子さん。覚せい剤の力に敵う人間なんて、いる筈ないよ。
 ──も一度シャブチンポ、入れられたら、きっと気が変わるよ。

 だが、麦子は、頑として跳ね除けた。
 陽部長は、しおしおと北京に引き上げるしかなかった。

 覚せい剤の誘惑は確かに強い。
 陽部長に誘われた時、ついふらふらと、ついて行きそうになった。
 思いとどまる事が出来たのには、理由わけがあった。

 現在麦子は、南昌ナンチャン中央病院の婦人科に通院している。
 勿論、膣裂傷と肛門裂傷の治療の為だ。
 医者に、こう言われていた。
「二ヶ月間はセックスしちゃイケマセン」



 更に後日談になるが、麦子は、陽部長とその仲間達が逮捕された事をテレビで知った。
 容疑は、覚せい剤を使って少女売春を斡旋していた。との事だ。

 証拠の覚せい剤も大量に押収され、多数の少女達も証言している。
 この事で、放蕩三昧を続ける特権子弟達への批判が高まってきた。

 もはや党幹部の親だって、庇いきれるものじゃない。
 重刑主義の中国の事である。きっと極刑が言い渡されるに違いない。


 ともあれ、麦子の守護霊の力には、感服する次第だ。
 魔物の秀雄でさえ、結果的には、役に立たせたのだから。



          雨のち強姦 第4話 終わり

 


















 






 







 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)