忍者ブログ
連載中小説
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後手縛りの美那子の「御奉仕」


 私は愛用のカメラバックから、 細身の綿の赤縄をもそもそと取り出す。
 そして美那子を、後ろ手に縛り上げる。
 上下をきつく縛られ、くびり出された乳房は、重量感を増して、たわわに揺れる。
 壁の鏡に向かって見せてやる。
 美那子はこれが好きなのだ。
 ここで私は一服、タバコに火を付ける。



 細身の女は亀甲縛りなどよりも、シンプルに後ろ手に縛ったほうがよく栄える。
 縄も、少し細身の物の方が良い。
 目を潤ませて自らの緊縛裸身に見入る美那子である。
 私も一緒に鏡を見ながら、首すじから肩、二の腕、背中、乳房、乳首、脇腹、下腹部、尻、太ももと、撫でたりつねったりして張りのある、それでいて柔らかな感触を愉しむのだ。
 せつなげに快美感に耐える美那子は、なかなか見応えがある。

「さあ美那子、鏡ばかり見てるんじゃない。御奉仕だ!」
 ベッドに腰をおろした私は、おもむろに右足を前に突き出す。
 後ろ手縛りのまま、床にひざまづいた美那子は、私の足の指を口に含み、指の付け根に舌を絡まして、一本づつ丹念にしゃぶっていく。
 惨酷な本格SMをやってる訳じゃない。
 掛け布団を敷いている床は、フンワリとした優しい感触を、美那子に伝えている筈だ。
 私は美那子のくちびるを玉袋へいざなう。

 強い吸引を伴った玉袋への唇奉仕を楽しんだ後、美那子のからだを上に乗せて仰向けに寝転んだ。
 そして張ち切きれそうなまでに競り出した乳房の、すべすべした感触を楽しみながら舌を絡め合う。
 左右の太ももで私の一物を挟み込み、下腹部へと誘い込むピチピチと魚のような動きを愉しむのだ。
 これだから細身の女はたまらない。

 心地良い重さを満喫した後は横抱きにして、もっと乳房の感触を愉しむ事にする。
 興奮して膨らんでいるゼリービンズ乳首を口に含み、舌先で転がして軽く噛んでやる。
 あえぎ声が徐々に大きくなるのだが、太ももと膝小僧を駆使しての、一物への攻撃は休みなく続いている。
 頑張れ美那子。可愛い奴。

 いつもながら、美那子の乳首と性器には驚いてしまう。
 男っ気が無かったので色が綺麗だと先に書いたのだが、どうやらそれは違っていたらしい。
 逢瀬を重ねるようになってから、すでに5年も経っているのだ。
 私は毎回これでもかとばかり、舐め回してこねくり回してきたのに、ちっとも変化がないのである。

 いや、実は、ちょっとだけ変わった事もあるのだ。
 逢瀬も当初の事だが、丘の陰毛が、ほんの少しだけ濃くなった事である。
 極薄毛を気にしていた美那子は、おおいに喜んだ。
 しかし私は許さなかった。
 これをかわきりに丘は、剃毛してやる事にしたのだ。

 変化が無いといったら、何と言ってもゼリービンズ乳首の事だ。
 私の知っている女達は、程度の差こそあれ、荒淫を重ねるに従って、黒ずむなんて事はまだましな方で、中にはげんこつ飴のような感じで、ボコボコに変形する者も多いのだ。
 美那子とはまさに荒淫を重ねている訳であり、確かに回数は少なめかもしれないが、その分中身は濃いのだ。しかも5年間に及ぶのである。
 惜しげもなく、吸って、しゃぶって、舐め回し、こねくり回してつねり上げ、揉みしだいてきたのである。
 それでもなお無垢で綺麗な、桃色のゼリービンズのつるつるなのである。
 モノの本によれば、乳輪のモントゴメリ線とメラニン色素の関係によるものらしいのだが、美那子は本当に得な体質の女だと言うべきだろう。
 してみれば、元カレとだって、盛大にヤリまくっていたのかもしれない。
 ──本当に得な女だ。
 私は苦笑する。




 私の乳首を舐めた後、美那子のくちびるは一物へと向かう。
 後ろ手縛りの不自由なからだを、ひねって進む美那子ではあったが、それ故、なおさら一途に、私の快楽の為に奮闘努力するのである。
 私はベッドから降りて仁王立ちとなる。
 再び、ひざまずいた美那子は、太ももから玉袋へと舐め進み、一物にたどり着く。
 そして咥える。

《ここで私は容赦なく放尿し、小便まみれの美那子の髪の毛をわしづかみにして、口の中に、ジャージャーと、更にたっぷり注ぎ込んでやる。飲み干すんだ美那子!》

 などと考えつつ尿意を覚えた私はトイレに入った。
 ラブホテルなのである。後始末を考えると、滅多に出来る事じゃない。


 






 

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)