忍者ブログ
連載中小説
[22]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美那子のからだ



 美那子はおとなしい女だ。
 あまり、あしゃべりはしない。
 だから、普段は、何を考えているのか、解りにくい女である。
 もしかして、何も考えてないのかもしれない。
 ともあれ、美那子と私の関係は5年目を迎えている。



 美那子は大きな目をした、小顔の痩せ形美人だ。
 誰が見ても、何処から見ても、天真爛漫で、育ちの良さそうな、清楚で可愛い女である。

 だが、その表情の加減によっては、妙に男好きのする顔になるのだ。 
 つまり、そそられる顔になる。
 男は誰でも、一発お願いしたくなる顔。 
 エロ可愛い顔といった方が、解りやすいだろう。
 そんな顔を見ていると、やはり、肉体が気にかかる。



 ウエストのくびれもたまらない、贅肉のないフラットなからだの美那子は、縦長のへそを持つ。
 そう。スレンダーには違いないのだが、骨太で棒のような身体ではない。
 しなやかで優しげなからだなのだ。

 尻から太ももにかけての、ややむっちりとした筋肉は、贅肉を最小限に押さえ込み、まるで、性的優越性を誇示しているかのようだ。
 ふくらはぎから細い足首までは、すんなりと、そのくせキュッと緊張を忘れない。
 腹部から太ももにかけての、あくまでなめらかなスロープが、怪しいコントラストを造り出す。
 そして程よい大きさの洋梨形の乳房は、ツンと上を向き、美那子特有の、桃色のゼリービンズのような、つるんとした乳首がてっぺんを飾る。
 張りのあるからだでありながら、憎らしいほど柔らかく、私の指はどこまでも食い込んでゆく。



 私が有頂天になったのも、無理からぬ事ではなかろうか。
 何故なら、美那子のからだの美しさや肌のきめ細かさは当然、一目瞭然なのだが、その乳首や性器の初々しい形の良さや、色の淡い美しさは、想定外の事だったからだ。

 通常、私の年齢の男は誰でも、過度の期待は持たぬように心がけている。
 乳首や小陰唇が多少ドドメチックでも、

 ──仕方が無い。こいつは美人だからな。
 ──モテるのは当たり前だ。
 ──感度が良いからな。男は皆、揉みまくって、しゃぶりまくったに違いない。
 ──淫水焼け(懐かしい言葉ですな)になってあたりまえだ。
 と心の準備は万端なのだ。

 三十歳になったばかりの、しかも美形の美那子の男性経験は、さぞかし豊富な筈で、その経験は必ずや肉体に反映されているに違いない。
 こう考えるのが当たり前だ。
 それ故、これ程可憐なパーツを有する肉体の女だとは、思ってもみなかったのだ。




 ミッション系の女子短大を卒業した太田美那子おおたみなこは、美人三姉妹の末っ子である。
 女性ホルモンが強い家系とでもいうべきだろうか?
 二人の姉もしっとりとした、いい女である。
 二人共、それなりの男に嫁ぎ、それなりに子を成し、それなりに幸福そうだ。
 と美那子は言う。

 美那子の場合、勿論、恋人はいた。
 美那子自身は、結婚を考えていたようなのだが、何故だかその男は去って行った。
 その後も父親の家で、いわゆる箱入り状態で暮らしてきた事にもよるのだろうが、以来、男性との交際はほとんど無かったようなのだ。
 おそらく、その男との別れが、美那子をことさら臆病にしたに違いない。

 こんなにいい女なのに、「カレシいない暦」を刻んでゆく美那子。
 だが、ケロリンと明るい彼女を見ていると、実際には、不特定多数の男にモテまくって、遊びまくっている感じがしないでもない。

 ──いったいどっちなんだ?
 ──次のカレシはいつ出来るのだろう?

 私の心は千路に乱れた。
 余計なお世話である事は百も承知なのだが。

 そしてある日、奸計を周到にめぐらし、私は、ついに実行に移したのだ。
 ああ、あの日、踏み出してしまった事こそ、恥多き我が人生、最良の決断であった。

 結果は「大当りの女」であった。
 今風に言うなら超ラッキーである。
 5年前にしたって私は四十路の男だ。もう、けっして若くはない。
 それが、こんなに素敵な女と関係を持ったのだ。
 私は天にも昇る気持ちになった。

 だが、欲張りな話ではあるが、関係を持っただけで満足する私ではなかった。
 私の望みは、この素晴らしい女、美那子を、調教して「セックス奴隷」にする事だったのだ。

 ──さあ、私の美那子。ケロリンとしていられるのも、今のうちだ。官能の嵐の中で、随喜の涙を流す淫乱極まりない女にしてやる! ふっふっふっふっふ。

 男は、美女に対しては殊更、屈折した妄想を抱くという。
 それは、美女を独占したいが為の、本能的なものだという。
 私は怪しい興奮に、胸苦しささえおぼえた。

 私は元来、変態であった。
 
 だから、とてつもない宝物は、類い稀なるいけにえであったのだ。
 勿論、私の信望する「SMの神様」に対しての、「捧げもの」として。

 ちょっと、おおげさになってしまった。
 しかし、何だか、「変態」と「悪魔教」って、似たような感じがする。

 エロイナ・エッサム・エロイヨ・エッサム・・・ちょっと違うか。


 さて、美那子はパイパンではないのだが、かなりの薄毛であり、正面から見ると、消え入りそうな風情の恥毛越しに、性器がありありと透けて見えるのだ。
 この事を美那子は恥ずかしがっていた。
 そんな美那子を、SMの世界に誘い込む事こそが、私の生き甲斐となった。

『現在、美那子は完全に私の奴隷となり、檻の中で首輪を繋がれ、私の帰りを待ちわびている』

 鳴呼、このように書けたら、どんなに幸せな事であろうか。
 もちろんこれは、私の叶わぬ夢であり、願望なのだ。




 実は私は妻帯者で、現在は五十歳も過ぎている。
 しがないサラリーマンである。
 当然、美那子とは不倫関係であり、逢うのはせいぜい月に4回か5回。
 秘密の屋敷がある訳じゃなし。
 小さなプライベートマンションさえ持ってない。
 甲斐性無しの駄目オヤジなのだ。

 だから、逢うのはいつもラブホテルである。
 泊まる事さえ滅多に出来ない小心な、臆病者のラブホテルでの「御休憩セックスライフ」なのだ。
 だが、そんな私でも、SMに対する憧憬と渇望は尽きる事がない。

 そこで私なりに美那子を相手に、この5年間、
 庶民のSMプレイを追求し、
 実践してきた処の、
 そう。
「ラブホ流簡易SM」とでも言わしてもらおうか。
 この事を書いてみたいと思った次第だ。

 マングリ返しのまま排便させるとか、
 敷物の上での放尿プレイとか、
 やってみたいけれど出来ない事は多々あるが、
 何事も、創意工夫で頑張っている、五十代助平オヤジのラブホプレイなのである。

 それでは、それなりに充実している私、小野寺善行おのでらよしゆきの「ラブホSMプレイ」を紹介してみよう。


 

 


 
 








 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)