忍者ブログ
連載中小説
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [8]  [7]  [6]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

裏大文字(うらだいもんじ)


 縄を解いて風呂に入り直した私達は、再びベッドの上である。
 私はカンビールを飲む。
 美那子はブルーグレイの大きめの部屋着を着て、両の袖をぴんと広げて、折り紙の奴さんのような恰好を鏡に映して遊んでいる。
 角度を変えては、また見入る。

「美那子、凄い勢いのおしっこだったな。アレなら簡易導尿の必要なかったな。綿棒ぶっ飛んだの知ってるか?」
 赤くなった美那子は答える。
「ああん、うそつき。善行さんがゆっくり抜いてくれたの知ってるわ」
「本当は導尿して欲しくて、おしっこ出ないって言ったんじゃないか?」
「そんなことなあい! あんなに出るとは思わなかったのよ」
「どうだかなあ、美那子は最近、淫乱になってきたからなあ。オマ〇コやケツの穴じゃ飽き足らなくて、オシッコの穴も感じてきたんじゃないのか?」
 そんな事を言いながら部屋着を脱がせ、裸にした美那子を俯せにして、大の字に縛り付けてゆく。
 縛り台が役に立った。
 私は裏大文字うらだいもんじ縛り。と銘々して悦に入っている。
 肩甲骨から脇腹へのこりこりした感触を、舐めたり噛んだりして味わいながら、むっちりした尻を揉みしだく。
 美那子はため息を漏らす。
「ああん、すっごく恥ずかしいの」

 妙なものである。
 大股開きやマングリ返しなど、もっと恥ずかしそうな恰好をしているくせに、美那子はうつぶせに縛り付けられるのが最も恥ずかしいと言う。
 尻の肉を両手でぐいっと割り広げて、剥き出しになった肛門を舐めてやる。
「うぐぐそんなとこ、やめて」
 構わず舌先でこじ開ける様に舐め続ける。
「はああ、いやあ、いやあ」
 それから肛門に歯を当てて噛んでやるのだ。
「うむうそんなとこ、だめえ、やめて、だめよだめえ」
 更に角度を変えては強めに噛み続ける。
「あふう、おおおおお」
 もはや言葉にならない。

 美那子に聞いたのだが、この肛門噛みは、実際には噛んでいるのだが、美那子にしてみれば、強烈に吸引されているような感触なのだそうで、快感には違いないが、危機感も強くなってくると言うのだ。

「こうなると、浣腸しといた方が良かったと思うだろ? これからはちゃんと浣腸のおねだりするんだぞ。うんこが吹出したら恥ずかしいだろ?」
 私は平手で尻を叩いてやる。
 ──パーンパーンパーン
 という、小気味のよい音と共に、美那子の尻はみるみる赤くなる。

「あああごめんなさい、もう許して。これからはちゃんとおねだりします」
「この中には何が入ってるんだ?」
 私は人差し指で肛門をつっついてやる。

「それは・ああ・それは、……言わなきゃだめ?」
「せっかくだから言いなさい。言わなきゃこの指が肛門の中に入ります」
 人差し指を肛門にちょっと差し込んでやる。
「さあ、このままズッポシと入れよっかな?」
 美那子の尻がわななく。
「あああ・・美那子の・美那子の・う・う・うんこ・ああああ」
 愉悦が込み上げる。


 

 



 元祖、超電導美那子2へ続く。・・・・・・・続かない。やはり、〝元祖〟は終わりにします。

【美那子の「超電導状態」について】











 
 
  
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)