忍者ブログ
連載中小説
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 娘時代に若返ったライス長官は、簡素でみすぼらしい奴隷の衣服を着て、コロニアル風の大きな屋敷の中に居た。  外では強い日差しの中、綿花畑で黒人奴隷達が働いている。  何故だかパパ・ブッシュがいるのだ。  ご存知、元大統領であり、現大統領ジョージ・ブッシュの父親だ。 「お前達、ジョージの夜伽はちゃんとやってるのか? 家庭教師のアーミテー爺から、まだセンズリを止めないって報告があったぞ。今夜はしっかりファックをやるんだぞ。女も抱けないようじゃブッシュ家の名折れだ。メアリにケイトそれから……パセリ、セイジ、ローズマリー&タイム。しっかり頼んだぞ。それから、コンドリーザはちょっと、ここに残りなさい」  女達みんなが部屋から出て行った後、パパ・ブッシュはあの恐ろしいムチを取出したのだ。 「ケイトから聞いたんだが、コンドリーザお前、ゆうべジョージのベッドの上で屁をこいたそうじゃないか。しかも立て続けに三発も」  すっかり奴隷女に成り切っているライス長官である。 (ああ、ムチは嫌だ、怖いよ、おっ母ちゃん) 「旦那様、許してけろ。オラ、芋の食い過ぎで腹の調子悪かっただ。それに、ゆんべは底冷えしたから、ずっと素っ裸で腹が冷えて、益々調子悪くなっちまっただ。悪気はなかっただ。どうか許してくだせい」  パパ・ブッシュの目が残忍に光った。 「だめだ、この、でこっぱち女、センズリを止めないジョージが、屁こき女に幻滅して、女嫌いになったらどうするんだ。主人の寝所で屁なんかこきやがる女奴隷がどうなるか、思い知らせてやる。張りからぶら下げて、ムチ打ち三十発くれてやる」  コンドリーザは涙をぽろぽろ流して、旦那様のパパ・ブッシュにすがりつく。 「ああ三十発も喰らったら、オラ死んじまうだ。お願いだ、旦那様。助けてくだせいまし」  奴隷頭のトムが近づいてきて、旦那様に何やらひそひそと耳打ちをした。  頷くパパブッシュである。  このアンクル・トムは助平な親父で、この頃すっかり娘らしくなってきたコンドリーザに、何度も言い寄ったのだが袖にされ、その事でコンドリーザを逆恨みしていた。  パパ・ブッシュに促され、アンクル・トムが言った。 「聞け、屁こきのデコスケ女。旦那様はお前の柔肌が惜しくなったでよう。だからムチ打ちは勘弁して下さるそうだ。有り難い事だぞ。これからはジョージ坊ちゃまに可愛がって貰えるように、しっかり精進しろや」  コンドリーザは安堵の為にどっと力が抜けた。 「有り難うごぜいます。旦那様。この御恩は一生忘れねえだ」  パパ・ブッシュはコンドリーザを丸裸にすると、やにわにのしかかり、脚を大きく押し広げ、年齢のわりには逞しいコックを、ぐいぐい挿入した。 (ああ、嫌だ嫌だ。よりによってパパ・ブッシュに犯されるなんて……)  あまりの気色悪さにコンドリーザの意識は、国務長官に戻ってきた。  旦那様は往復運動を続けている。 (ああ本当に酷い。最低の夢だわ……そうだ! 夢なのよ。それにしても、ああ、気持ち悪いわ)  パパブッシュは射精を終えると、満足気にズボンをずり上げる。 「なかなか締まりがいい。百点満点だ……さあ、それじゃみんなで押さえ込め。それ!」  コンドリーザは、トムを始めとする体格の良い3人の奴隷男達によって、俯せに押さえ込まれてしまった。 「許してくれたんじゃなかったの? アンクル・トム、みんなで私のアナルを犯すの?」  やがて4人めの奴隷男、ブライアンがやってくる。  手には何か棒のような物が握られている。  煙が立っている。  真っ赤に焼けた焼きゴテだ。  パパブッシュが宣言する。 「罪は罪、罰は罰だ。お前の柔肌は守ってやる。そのかわり両方の足の裏に焼きゴテをあててやる。さあ、ブライアンやるんだ!」 「うわあ! やめて! ブライアン許して! お願い!」  ブライアンが焼きゴテをジュッと押し付けながら言った。 「長官、大丈夫ですよ。夢だから痛くも痒くもないでしょう?」 「あら、本当に熱くも痛くもないわ。……だけど嫌な気分ね」  夜になった。  贅を尽くしたアメリカ南部の奴隷主の館の中、奴隷女の一人として、素っ裸になって、ジョージ坊ちゃまの寝所に侍るコンドリーザ・ライス国務長官なのだ。  ジョージが言う。 「今夜は友達が泊まって行くからな。僕の一番大切な友達だ。でこっぱち、お前が相手をするんだ。お前とやってみたいって言ってるんだ。オナラなんかぶっぱなして、僕に恥をかかせたら、全身の生皮をひん剥いて、たっぷり塩ふってから、日本製のカメノコタワシでジョリジョリと、こすってやるからな」 (ちくしょうめ! 本当に、うすら馬鹿のくせに、残酷な男だわ。でも、なんだか、もっと悪い予感がするわ)  ラムズフェルドがやって来た。 (ああ、やっぱりこいつが来たわ)  たちまち素っ裸のコンドリーザに乗っかったラムズフェルドは、いたずら者の子鬼のような顔をしてインサートすると、嬉しそうに尻を振る。 「ヘイ、ジョージ、面白い事を教えてやるぜ。こうやってファックしながら女の首を絞めるんだ。こうやれば、バギナの締まりが凄く良くなるんだぜ」  ケイトを抱いているジョージも、さっそく真似をする。  ケイトの顔が苦しげに歪む。  奴隷女達は恐怖に凍りつき、震えながら身を寄せ合う。  コンドリーザの顔も歪む。 (苦し……あら全然苦しくないわ。そうだ、夢なんだものね) (それにしても……ラムズフェルドの奴! 憎ったらしいゲス野郎だわ)  夢と知りつつコンドリーザは、ラムズフェルドの剥き出しの金玉に、強烈なキックを見舞うチャンスを伺っているのだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
千駄山ロッカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
P R
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)